授業・ワークショップ紹介
全国で行なわれているプログラミングの授業やワークショップの指導案・レポートを紹介します

わくわく! プログラミングワークショップ【中級編】(H26年度)

郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会
使用言語・教材
Scratch
使用機材
Raspberry Pi(CANVAS提供)
対象
小学4年~中学1年 児童・生徒20名(子どものみ)
目安時間
4時間

ワークショップについて

2020年より小中学校にてプログラミング教育必修化の検討がなされており、プログラミングへの関心が高まっていること、また論理的思考力を養い、ものづくりの喜びを体験してもらうこと、そして将来のICT人材を育成するため、プログラミングワークショップを開催しています。
これまでのプログラミング教室の参加者に向け、中級編として自由にゲーム作りをしてもらう教室を実施しました。

ワークショップの流れ

関連する事例
「人にやさしい情報システムを考えよう」
# Kinect# Kinect2Scratch# Scratch# アンプラグド# 準ずる教育課程# 特別支援学校# 特別支援学校高等部# 総務省「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業# 肢体不自由部門
プログラミングを利用して LED を制御しよう
# Raspberry Pi# Scratch
プロジェクションで表現しよう
# Kinect# Kinect2Scratch# Programming for all# Scratch# 特別支援学校# 特別支援学校中学部# 美術
身近なモノが変身?「あったらいいな」をつくってみよう!
# MESH# 中学生# 小学生# 親子

このページをシェア