授業・ワークショップ紹介
全国で行なわれているプログラミングの授業やワークショップの指導案・レポートを紹介します

Scratch とRaspberry Pi でプログラミング学習

古河市立古河第一中学校 藤井貴広 教諭
使用言語・教材
Scratch2.0、Raspberry Pi
使用機材
コンピュータ教室のPC、Raspberry Pi、周辺機器、電子部品など
対象
中学2年生 160人
目安時間
50分×8時間

授業のねらい

何か良い教材はないかと探していたところ、ある先生からラズベリーパイを使ったプログラミングの授業をやらないかと誘われて始めました。
それまでは、教材で車に命令プログラムを送り、車を動かす授業を行っていたが、制御しかできておらず物足りなさを感じていました。ラズベリーパイを使ったプログラミングでは入力・出力が可能で「こういうものを作りたい」という生徒の想いが実現可能となりました。プログラミングを行うことは生徒たちの思考を活性化させ、考え方を膨らませるためにとても大切なものだと思います。これからも生徒たちに考えさせる力を養うような授業づくりをしていきたいです。

授業の内容

関連する事例
総合学習の授業(全15回)×プログラミング学習
# Hour of Code# Scratch# 小学生# 総合学習
自分の描いたキャラクターが登場するゲームをプログラミングで表現しよう
# Scratch# 特別支援学校# 高校生
Raspberry Pi + Coder で簡単なウェブアプリケーションを制作!
# Coder for Raspberry Pi# CSS# HTML# javascript# Raspberry Pi# 大学
プログラミング教育実践ガイド
# 中学校# 小学校# 文部科学省

このページをシェア