授業・ワークショップ紹介
全国で行なわれているプログラミングの授業やワークショップの指導案・レポートを紹介します

プロスタキッズ高知稲荷校・Makecode(メイクコード)コース

プロスタキッズ高知稲荷校
  
コース名
  
Makecode(メイクコード)コース
使用言語・教材
Makecode
使用機材
パソコン
対象
小学生
実施時期
月4回(開講日:火水木金土)

背景・ねらい

好きなことはとことん継続することができるため、「遊んでいる延長でプログラミング的思考を学ぶ」ことができるのがこのカリキュラムの最大の特徴です。
ゲームの世界では、「奥行き」「幅」「高さ」の3軸からなる空間把握の能力が必要になるため、算数の図形問題・数学の基礎知識の理解度向上も期待することができます。
初級コースでは、論理的思考・数学の基礎知識・プログラミングの基礎知識を楽しみながら身につけることができます。中級コースになると、変数・座標・関数を使ったプログラミングを学びます。

学習の流れ

月4回・各60分授業
1週目 順次処理 コンピュータに順序通りに処理させるプログラミング
2週目 繰り返し 反復した作業を処理させるプログラミング
3週目 条件分岐 条件によって処理を変えるプログラミング
4週目 自由制作 表現したいものをプログラミングを使って作成・発表を行う

指導・ファシリテーションの工夫

授業の冒頭にはタイピング練習を実施し、プログラミングだけでなくパソコン操作にも慣れていけるようになっています。
また、自由制作では、子供たちが実行力を身につけさせるため、「こうしたほうがいい」と目標を押し付けることはしません。大人が押し付けてしまうと、子供たちが自分で自分で考えなくなり依存心が強くなるからです。自分で目標を立て、ルールを決め、プログラムを組むという体験を繰り返しさせ、主体的に自ら進んで実行する力を身につけさせます。

保護者の声

・「先生達の子供への接し方もとても良く、指導内容も子ども楽しく出来た様です。」
・「しっかりとしたカリキュラムが組まれていると思いました。」
・「とても集中して取り込んでいました。」
・「少人数で先生方も近くで丁寧に指導して下さったのがよかったです。」